久々に衝動買い。読んだことも無い作家のコミックを購入。

相田裕の Gunslinger Girl 出版社はメディアワークス。
『電撃大王』に連載されているコミックだそうで。amazonの書評も参考にどうぞ

あと,大塚英志 + 山崎峰水の『黒鷺死体宅配便』。んー,ぼちぼちかな。

死体が歩くって事自体怖い

って事が分からない人が多いんでしょうかね。。。ホラーが陳腐化されて鈍感になってるんかなあ。それとも,活字離れ(と言うかほとんど読まない人が多いらしい)が進んじゃって,活字から状況を絵を無しで想像できる人がいなくなってきてるんだろうか。直接的なモノでしか感じ取れない/受け入れられないってのは悲しいですね

あー,Gunslinger Girl イイっす。一発でハマった。『攻殻機動隊』を読んだ or 見た人なら読みたくなるかも。アニメ化が決定したらしい。だけど,これ,どんな年齢層に向けて放映するんだろ?もっとも,『電撃大王』自体の対象年齢層が分からないですが。。。

p.s. 当方,2D萌え属性はありませんので悪しからず。