久々に小説(ミステリーだけど)を読んだなあ…。ここのところ,卒論の資料やノンフィクションばかりだったし,息抜きには丁度良いかな。

読了したのは森博嗣の 笑わない素学者—Mathematical Goodbye 。犀川&萌絵コンビが出てくる作品は すべてがFになる—The perfect insider のコミック: すべてがFになる—The perfect insider を読んだだけなので詳しくはいえませんが,「コイツらアタマイイなぁ」と言うのが率直な感想です。何かバランスとれてるなとも思います。まさか萌絵まで煙草を吸うとは思わなんだ。

…けど,「アノ人」は一体「誰」だったんだろう…。