ほとんどTVを観ない私ですが,たまに観るのもイイもんですねー。某リフォーム番組を見ていたんですけど。京都の町屋のリフォームの話でした。

何かが煮詰まってました。自分でも分からない何かが。一時かも知れないけど,それが少し和らいだ気がする

それはサイトデザインかも知れないし,大学でやってきた勉強の事(ペーパーとか卒論とか他とか)かも知れない。または進路(高校生みたいな言い回しだけど,要するに大学を離れた後の事ね。行く先は決まってるけど。)かも知れない。隣の家の青く見えていた芝生。自分には無いものへの執着。どれか一つに悩んでたって感じじゃなく,全部かもしれないなー。

ごった煮されていたもの。たっぷりとした水で茹でられていた時はまだいいけど,段々と水気が抜けていって中身がゼラチン状(?)になってきた時には身動きが取れないくらいにからめ捕られてました。粘り気のある強力なクモの糸に引っかかってもがいているかのような,そんな感じ。

長時間ほぼ同じ場所に同じ姿勢で居ると言うのも煮詰まりを助長する要因かも知れない。外へは出たいのだが,その気力が無いので困ったもの。なので,その代替として,ほとんど観る事のないTVを観たと。普段触れているものと違うものに触れる(というと大げさかな)のも結構イイもんだなーと実感。

今座ってる場所から(いっときでも)離れるというのは,大事みたいです。