via Processingが拓くビジュアルプログラミング新地平

オフィシャルサイト: Processing
日本語サイト: processing.jp

面白そうだと思って MacOSX 版をダウンロードしようとしたら1番新しいベータ版がダウンロードできなかったのでアルファ版で試しに何か作ってみようかと画策中(パッと見た感じJava っぽい。Java やったこと無いからなぁ,できるかな)。

これで作った作品(exhibition)はいくつかしか見てないんですが,Haohao 好きです。Life Game みたいな感覚が好き。

追記: まともな言語説明。 (スコア:3, すばらしい洞察)
Anonymous Coward のコメント: Monday May 02, @10:25AM (#730141)

「Javaライクな平易なスクリプト言語」なんて書かれていますが、コンパイルは必要だし、Java は普通に呼び出せます。もうちょっと正確な言い方をすれば Processing は Graphic 関連の軽量な API を豊富に揃えた Java wrapper + IDE として動く Java Application ですね。

Program を使って Graphic をやりたいけど、Director はもう時代遅れだし、Flash は何処にプログラム書いたのか自分でもわかんなくなるから、もうちょっとコンピュータ言語っぽいのをやりたいけど、C (とか C++ とか)は難しすぎる(ように見える)。Java 自体で Graphic っていうのは論外。とか言う人にオススメ。

今回からは OpenGL のサポートも入ったし、前バージョンと比べたらめちゃくちゃ速くなった。