Apple WWDC 2005 Keynote Adress(要 QuickTime)を観てます。先日のショックをもう一回追体験する気かと言われるかもしれませんが,動画で見たい,と言うこの妙な心情。

見終りました。約1時間。色々調べてみると Jobs 自身が PowerPC にあまりいい気持ちを持ってなかったという事が読み取れてきた。だから Intel かーというのも頷ける。IBM のロードマップがはっきりしないと言うのもあるんだろうし,IBM 側も Apple と手を切りたがってたんじゃないかと邪推したくなりますね。

結局今回の WWDC での発表は

  • PPC から Intel プロセッサへの以降(2006年から順次移行し,完全移行は2007年);
  • それに付随しての XCode のニューバージョンが出ます;
  • OSX の次のメジャーバージョンはLeopord;
  • iPod は相変らず MP3 プレイヤー市場のシェアをほとんど占めてます

ってところでしょうか。

来年辺りからあのでかくてダサい CPU のヒートシンクが Mac に乗るのかと思うと今から憂鬱です。