靴,というか何だろう一日に1足〜2足しかできない靴(糸を紡いで作る一張羅みたいなもの)を買いに行く夢。メンバーは,私と,元Judy and Marry の YUKI,中学の同級生の女の子に背格好がよく似た人,後,背が低めで髪もショートっぽい人達と仙台駅近くの狭い靴屋へ行く。そこで–−4人だったはずだが–−のはいている靴と履き比べる。糸を紡いでいるのは80前後の男性と23,4前後の男,そして若い女性(背が低めでかわいい。この手の仕事をやってるようには見えない,どちらかと言うと販売員ライクな人)。そのの女性と話をしながらどんな靴が合うか全員で試し履きをしている。シャレになら無いくらい足にフィットする。あのフィット感はまさに足になったと言う感じ。結局4人全員がここで作っている靴を購入し,その靴を履いたまま店を後にする。半日ほど後に,今まで履いていた靴を店に忘れてきた事に気付き取りに戻ると言う夢。

もう一つはなんだ何やらデカイ車輪が仙台の街中を走り回る夢だったが…。季節は冬。あ,そうそうあれ,除雪機(この夏にか…)。緑からオレンジへの色がグラデーションする何かがあったような。何かのユニフォームかなたしか。

どうやら私の夢のヒント,というかキーワードは 背が低めでショートな髪の女性 らしい。どうやら夢の中では季節すら操れるらしい。