ぼくと魔女式アポカリプス ぼくと魔女式アポカリプス / 水瀬葉月

丸善のライトノベルコーナーで平積みになっていたので購入。ええ,ジャケ買いならぬ表紙買い。腰帯には “第10回電撃ゲーム小説大賞 選考委員奨励賞”受賞作家 水瀬葉月 待望の新シリーズ!“ なんて書いてますが,個人的にはどうでもいいわけで。面白ければいいんですよ,面白ければ。あとは自分と合うかどうか。自虐/自傷系の記述が割と他のものよりも多めの気がするので嫌いな人にはお勧めできないかも。魔女とかエルフとかが好きな人はちょっと辛抱して読んでもいいかもね。読み終わって 諸行無常 とか 何かを手に入れれば何かを失う なんて言葉を思い出した。続き物だそうなので2巻が楽しみ。最終的には…ハッピーエンドになる…のか? 10巻くらい続きそうだけど。

[rating:4/5]