via WoogleCal: Google Calendar WordPress plugin

Google カレンダーを WordPress の記事やページ内で表示させるプラグイン。個人的にこれを使う予定はほぼ皆無なんですが,面白そうだったので使い方をステップ・バイ・ステップで書いてみます。長いです。ついでに日本語に訳してみましたが,需要があるかどうかは不明 :$

ステップ0:

上のページからプラグインをダウンロードして解凍/伸張後,/wp-content/plugins/
へ wooglecal フォルダ丸ごとアップロードしたあと,管理画面のプラグインページから有効にする。
cache フォルダがあるので,もしかしたら cache フォルダとその中身には書き込み権限の設定が必要かも。

ステップ1:

Google カレンダーへログインし,画面右上の“Settings” を押して,
step 01

ステップ2:

出てきた画面の中の “Calendars” を選びます
step 02

ステップ3:

公開したいカレンダーを選んで —ここでは Woogle うぉーぐるかる とします—,
step 03

ステップ4:

“Share this calendar” をクリックして,
step 04

ステップ5:

WordPress にアクセスする人全員に見られるようにするため,Share all information on this calendar with everyone のラジオボタンをクリック
step 04-1

そうすると以下のような 本当に一般に公開しますか? 公開されているカレンダーはGoogle カレンダー検索の検索対象となります と警告が出ますが,[Yes] をクリック
step 04-3

ステップ5:

その後,Calendar Detales へ戻って下の方にある Calendar Address の XML フィードボタンを右クリックしてリンク先のアドレスをコピーします。Google カレンダー上での操作はこれで終わりです。次のステップは WordPress の操作。
step 04

ステップ6:

その後投稿画面へ行き,投稿画面で [wooglecal:さっき右クリックして保存したXMLのURI] と入力して投稿
step 07

ステップ7:

そうするとこのような感じで公開したカレンダーに記入されている予定が表示されます。以上です。
step 09

雑記

WoogleCal の設定というより Google Cal の設定方法といった方がよかったかも 😛
それはそれとして Google Calendar って便利だよなあ。iCal だと公開に .MacWebDAV 対応のサーバ(WebDAV はすごく便利なんですけど,流行ってないためレンタルサーバで対応してるところが皆無)が必要なのでちょっと面倒。でも iCal は見た目もとてもいいと思うし,印刷用にも考えられてるという点がいい。Google Cal は印刷用にあまり考えらえれてないなというのが難点といえば難点。ほとんどオンラインで完結させようというのが Google の目的なんでしょうからそれはそれでいいのかもしれません。