wordpress-plugin: gapingvoid

機能: gapingvoid: “cartoons drawn on the back of business cards\” へ投稿された最新の画像をダウンロードして表示させるプラグイン。Flickr から写真を引っ張ってくるものはわりと有名ですけど,面白画像(?)をアクセントに使うのも面白いかもしれません。これも有効化してコードを記述するだけなので邦訳はせず。

使い方: gapingvoid フォルダ丸ごとプラグインフォルダに入れて管理画面から有効化し,表示させたい場所へ
< ?php $gp = new gapingvoid(); $gp->gapingvoidSidebarWidget() ?>
と記述し保存。

スクリーンショット:
\"gapingvoid\"

注意点: もし,recently at gapingvoid.com…
Couldn’t write to cache-file (cache.rss)!
とエラーが出た場合,subnet氏が以下のように指示してます:

gapingvoid フォルダとその中にあるファイル(cache.jpg,cache.rss)に対して書き込み権限を付けてください。

Permalink Structure を使ってる方だとトップページ以外では画像の表示ができない(元々 Permalink Structure 想定していなかったんだと思います)のでgapingvoid.php を一部書き換えないといけないみたいです。書き換える場所は46行目の
src=\"\".$this->pluginPath.$this->cacheImage.\"\"/>n\";

src=\"あなたのblogのURI/\".$this->pluginPath.$this->cacheImage.\"\"/>n\";
と変更して保存すれば Permalink Strukture を使っている方も表示できます。