お昼寝で見た夢

イニシャルDの拓海と誰だかがバトルする夢
場所はわからないけど,走り屋が登場するといえば峠。季節は冬。時間は夜。

そのバトルを見に行く前に和田弁護士がP2Pかネットでの音楽についての裁判で弁論していたのでそれを聞きに行っていた。

雪が降ってきたので急いで出るが,お腹が減っていたので庭に並んでいて出店で食べようとする。たまたま入ったお店で確か 1番出てないやつをくれ と言った。そうしたら 赤味噌の汁物なんだけど,出すのに1時間はかかかる と言われ じゃあ,時間無いんでー と言い,離れる。

次に行ったお店は少し離れた場所にある古くさいくすんだ木の柱の建物にあった。そこは中華料理屋。お店に入ってすぐにあるカウンター(?)のようなところで出されたメニューが読めなかったので接客してくれた中国人の女の子と話しながら決めた。確か,好きなものは何?って聞いた。初めて行くところとか何にしようか迷う時に店員さんが好んでいるものを頼んでみるという私のクセ。確か,“一太郎”がバナナとなんかを揚げたもので,それと焼売だったかまんじゅうを頼んだ(点心ってやつ)。頼んだ後,テーブルにつこうとしたら席がない。しょうがないので相席をお願いしたところ,okされる。そこで左斜め前の男性に 帽子を取れ と言われ,そkどえ初めて帽子を被っていた事に気付いて脱いでごめんなさいしたらその人に恐縮された(笑) それが切っ掛けでその人達といろいろと話す事になった。彼らは5人で来ており,私が席についてからしばらくして帰っていった。料理が来て料理に舌鼓を打っているところで夢から覚めて終了。

これはもう中華料理を食べに行けというお告げか 😕