via WordPressにこそプラグイン本が必要だと思う

今年になってかなり元気なWPでも日本においてはユーザー数もドキュメントもMTに比較してかなり少ないのが現状。
MTのプラグイン本を読みながら、WPにこそプラグイン本が必要だと思った次第。
発売されたら絶対買います。

おー,面白いかも。少し前に Masayn さんがプラグインをテーマにトラックバックの募集をかけた時もかなり反響があったのは記憶に新しいです。このサイトにもプラグインのインストール/日本語化の事で検索してくる人が割と多いようで,皆さんプラグインに飢えてるんだなあ と感じているところです。WordPress のプラグインって圧倒的に舶来製が多いせいか,使うにしても英語アレルギー(?!)の方は日本語化されないと使わないみたいですし,フォーラムはあの通りだし。よくいえば保守的,悪くいえば辞書を引かない怠慢な姿勢。それでも検索するだけいいのかも知れません。

そうそう,WordPress の日本語ドキュメントが整理されてないのが現状なんですよね。良いか悪いかは別として,WordPress.org のドキュメントが常に変わってるせいで,日本語のドキュメントは up-to-date にはなかなか付いていきにくいです。翻訳者の数も全然足りてないんですけど(私もここ1年くらいは全然訳してません…)。ネットに散らばってるログがドキュメント代わりといえばそうなんですけど。年末年始は翻訳の時間をとりたいなあ。個人的に入れて試したいプラグインも100くらい行ってるので :$
それにしてもボンヤリする時間と作業をしたい時間,両方とるのは難しい…。

需要もあると思うんだけど、どこかで出してくれないかなぁ…

それまではdel.icio.usで探してみるか、日本語のプラグイン情報サイトのお世話になろう…

このプラグインを訳して といわれれば訳します。でもお時間は頂きますが 😛
あ,プラグイン作ろうぜ 的な開発系の本があっても面白いかも。私は執筆できませんので悪しからず。プラグインの翻訳などは手伝えますが。