月に数回行く程度のアイリッシュパブへ行き,いつもの様にカウンターでお店の人や隣のお客さんと飲みながら談笑していると奥の方のテーブルから “このビール,美味しーっ!“ という女性2人の喚声が。
そういえば初めてのギネスをここで飲んだ時に同じように思ったなあ。”なんでビールってこんなに美味しいんだろう“って。ビールって美味しいんだって思ったのはこの時が初めてかも知れない。
ビール自体もそうだけど,注ぎ方もいいんからなんだろうなーと気付いたのは初ギネスから少し経って適当な居酒屋でビールを飲んだ時でした。

ここに来る度,最初の1杯はの ギネス(スタウト) かキルケニーのハーフ パイント。その次はスコッチかアイリッシュウィスキーをストレートで1−2杯。その後,〆にミード のコースでのんびり。酔いに来てるんじゃなくて,きっと 場の雰囲気 を楽しむために来てるのかも知れません。店員さんもそうだし,来てるお客さん,結構いい人たちばかりだし。
知って欲しいけど,知られたくない; 穴場じゃないんだけど少しマイナー。そんなアイリッシュパブです。