前置き — カラーラベルって何?

Classic 時代からずっと続いている,OS 標準で持つファイルの色分け機能。
キツい色ではなく,パステルカラーのような柔らかい色合いになっています(聞きかじったところ,色弱な方には少々見づらい色らしいです)。

このカラーラベル,重要なものはレッド,プライベートはグリーンにしてファイルを色分けしたり,終わったもの/終わってないもので分けたりと使い方は色々。タスクリストの管理なんかには結構役立つと思います。

ちなみに私はアプリケーションを種類別に色分けしてます:

  • インターネット/ネットワーク関係→イェロー;
  • 画像/静止画→オレンジ;
  • 音楽/音声/動画→グリーン;
  • テキストエディタ→グレイ;
  • アーカイバ→パープル;
  • システムユーティリティ→ブルー;
  • ゲーム/カスタマイズ/その他→レッド

次はようやく本題

本題

さて,本題はここから。
このカラーラベル, [control]+クリック(いわゆる右クリック) コンテキストメニューやファイルを選択して [command]+[I] で表示させるファイルの情報ウィンドウから色を選択できます。この色の順番と Finder の 表示オプション での [次の順番で並べる] にある [ラベル] の順番と違うということ。

コンテキストメニューでの色の並び

ファイルの情報ウィンドウやコンテキストメニューでの色の並びは以下の通り:
無色 --- レッド --- オレンジ --- イェロー --- グリーン --- ブルー --- パープル --- グレイ
context menu

名前順 で並べた場合

この状態で 名前順 で並べた場合:
name order

ラベル順 で並べた場合

ラベル順 で並べると以下のようになります:
無色 --- イェロー -- オレンジ --- グリーン --- グレイ --- パープル --- ブルー --- レッド
label order

順番(序列?)の違い

“レッド(赤)が重要で,オレンジはその次で…“ と直感的に感じている並びとちょっと違います。多分,コンテキストメニューではこの直感的に感じている方を優先しているんだと思います。でも,ラベル順で並べるとレッドが一番最後。Apple が出しているであろう GUI 関係のドキュメントを読んでいないので正確な事は言えませんが,おそらく,五十音順(日本語環境の場合)か,アルファベット順(英語環境の場合)なんじゃないかなと。

Apple へ一言

個人的には ラベル順 を選んでもcontextメニューの順番で並んで欲しいなと思います。それでなければコンテキストメニューに出てくるカラーラベルの順番を入れ替えて欲しいなあ。もしくは ラベル順ラベル名順にして欲しい。

余談

Classic OS 時代にはラベルを変更するとフォルダ/ファイルの色も同じ色に変わったんですけど,OSX になってからファイル名だけにラベル付けされるようになりました。OSX でも フォルダに色付けしたいという方には Hey Folders! というアプリケーションがマッチすると思います。