Twitterって,deepな繋がりを持ちたくないけど,それとなくユルリと人と何らかの関係を持ちたいと思っている,(ほぼ)常にネットに 繋がって いる(寂しがりやな)(現代)人に最適なのではないだろうかと思ってみます。

メッセンジャーツールのような一対一の対話ではなく,かといってチャットルームのような話の流れや一体感,コール&レスポンス的なものがあるわけでもなく,また,和的SNS(某mとか某Gとか某キだとか) のような村社会チックなガチガチ感もなく,さらに誰かのtwitに対して反応する必要がない,というユルユルなのだけれどもオフビートではなく,きちんと時間の流れも分かってリアルであるという面白い仕組み。いうなれば “今○○をしている““ご飯—“ というtwit(独り言)を世界に向けて発信しているそんなユーザはウケを狙わない つぶやきシロー 的だなあと思ってみますが,どうでしょう。

かくいう私も Twitter でも世界へ向けて怪電波 On Air 中なワケです。

色々と Twitter を使いやすくする(ハマりやすくなる)ツールやサービスも続々リリースされてますが,多分,うまくこれと付き合うコツは デフォルトは放置 なのではないでしょうか。

“用量・用法を守って正しくお使い下さい“ という注意書きの必要ないであろうそれとなくハマれる面白いツールであります,きっと。