連休,試しに使ったプラグインをただひたすら列挙するだけの記事。プラグイン周りは最近,ドイツ勢がアツい。

下へ行くほど後から試したプラグインになります

Add QuickTags

Roel Meurders の書いた同様のプラグインをfixしたもの。インポート/エクスポート機能付き

GöSPress

Googie Spell を使ったビジュアルリッチエディタ(WYSIWYGエディタ)不使用者向けの 西 語を扱えるマルチラングスペルチェッカー。
当然のことながら(?)日本語はない。また,WordPress 2.0x環境では Add Quick Tags との相性が悪いようでタグ挿入ボタンを消してしまう。

Kaccordion

蛇腹式のテキストブロック,動かせるフロートテキストブロック,画像の水面反射,おなじみの Lightbox/Hislide 系エフェクト(試してはいませんが,スライドショー的に使えると思います)を一本にまとめた御得なマルチパックプラグイン。

設定も1つのエフェクト毎に “幾つのテキスト/画像を使うのか“ や “どの程度反射させるのか?“ といった細かい設定が可能。呼び出し方法はクィックタグなのでパッと見ても分かりやすいと思います。Lightbox系のエフェクトの設定は画像の指定方法がちょっと特殊なの最初は迷うかも…。

Permacop

Redirect を指定するプラグイン。リダイレクト元とリダイレクト先をDBに格納するタイプ。かなり割り切ったプラグインのようで,正規表現は使えない様子。個人的には正規表現をフルサポートしている Redirection の方が好み。

WordPress Underscore Plugin

2005年にリリースされたプラグイン。post slug に使われているハイフン: -をアンダースコア(アンダーバー): _ へ置き換えるプラグイン。対象はプラグインを有効にした後に書いた記事または post slug を変更した記事に限るようです。一括で post slug の -_ へ置換する場合は検索&置換のプラグインで行った方がいい様子。
cf. Google and The Underscore

Auto Bang Referer

DBへ格納した特定の文字列を含むリファラに対しステイタス 410 Gone を返し,ログを取るというプラグイン。サーバの生ログが読める人は .htaccess で bang した方が早いかもしれません。

WP-BOFH

ジョーク系プラグイン。”Bastard Operator From Hell(血も涙もない冷血なオペレータ)“ の一言をランダムで表示させるだけのプラグイン。
急遽呼び出されたそんなオペレータが一言↓
[BOFH]

Add Graphic signature

各記事の最後に署名を挿入できるプラグイン。署名用の画像は別途作成してサーバへアップロードすること。

以下続々追記予定