via

ブログでも何でもそうですけど,ものを書いて誰かに見せる時にどうしても抜けてしまう点を書いています(特にブログに関して)。よく自分も忘れてしまう事が多いので自戒を込めて翻訳。

投稿ボタンを叩く前に為すべき事拾壱個

ブロガー,たくさんの記事を書く人は特に,投稿した後に修正を加える事が多い。かく言う私もその一人 😉

時々,大事な事を忘れて投稿し — そして一旦戻って修正する。さて,ここにその大事なものを忘れないようにするためのチェックリストを書いておこうと思う:

  1. 2回読み返そう。もしもっといい記事を書けると思うなら,するべきだ。頭がゴチャゴチャしてるのなら後で書こう。記事の不要な部分はさくっと切り捨てて短くしてしまおう;
  2. 誤字脱字のチェック;
  3. 記事内にリンクを張る場合はリンクが間違っていないかどうか2回はチェックしよう。読者がこの記事をもっと深く理解させるために不可欠なリンクをクリックしたら404エラーというのは非常に良くない;
  4. もし記事内に画像を貼る場合,本当に必要かどうかよく考える事。不要だと思ったら削除する事。画像を全く貼っていないなら,これもまたよく考えて必要だと思ったら貼る事;
  5. 画像に alttitle タグがちゃんとつけてあるかどうか確認する事;
  6. 記事がタグ付けされているかカテゴライズされているかをチェックする事。選択したカテゴリは記事に合うものかどうかをよくよく吟味すること;
  7. UTWのようなプラグイン,またはメタキーワードを扱うプラグインを使っているなら関連のある語句をきちんと埋め込んでおく事。同じように,記事のタイトルをキーワードで埋めるというのはどうだろうか?
  8. 記事の抜粋のみを表示させてページビューを稼ぐ事を忘れないように。
    追記: これは ‘記事の複製’を減らすことにも繋がると思う。加えて,読者がブログのトップページにある長い記事をローディングを待つよりも好みの記事を選んで読むチャンスを与える事にも繋がる;
  9. ポストスラッグを使う場合,適切なキーワードを用いるように。無意味なキーワードを用いる事なかれ;
  10. ニュース記事についての意見を書く時の注意点? ソースに気をつけろ,もしあればね;
  11. おまけでもう1個: この記事の関して以前書いた関連記事があればリンクを張った方がいい。多くのブロガーはやらないだろうが,自身の記事へのディープリンクはいいことだ。

from Blogging: 11 things to do before you hit the Publish button — Shankar Ganesh | Tech Blog

解説,というか追記的なもの:

  1. 小学生の頃から作文を書く時に耳にタコができるほど言われている事なんでしょうが,結構大事。見直さないと(見直しても)ミスがポロポロな私 :$ ;
  2. 原文ではスペルチェックとなっています。チャットやTwitterでの誤字脱字ならスピードがある程度勝負なので致し方ないとは思います。でも落ち着いて推敲できるブログの投稿では執筆者のレベルが疑われるかも…(大げさですけど);
  3. 参考ページがせっかくあるのにそのリンクが間違っていると,アクセスした人はリンク先のURIを削ってトップページへ戻り,そこから探す…なんていう手間をかけてしまうので良くない。そもそも見付からないなんて言われると人はがっかりします;
  4. 画像を使わないに越した事はないのかもしれません。Feedで読む人もいるしケイタイやPDAで読む人もいるでしょうし。無くても意味が通じるならそれに越した事はないです;
  5. もろもろの事情で画像を表示できない人や見えない人に親切にしよう(ブラウザはIEやFxやSafariだけではないのです!),という事。付け加えるなら,分かりやすく簡潔に説明できたらいいですね。img 01なんていう付け方はきっと論外;
  6. WordPress の事を書いているのに映画のカテゴリに入っているとあれ?!ってなっちゃいますね;
  7. 後々検索や関連記事を探すのに役立つ(読者だけでなく,自分にとっても);
  8. コピーブログやスプログの防止策といったところでしょうか。彼らは Feed からとるからどうかなとは思います;
  9. ポストスラッグに日本をを入れてしまうとエンコードされてしまうので,私の場合,タイトルを英訳したものをつけてます;
  10. ニュースだと特にソース元によって表現や与える印象が違うので出来るだけ複数の一次ソースをチェックした方がいいです(二次以降はフィルタがかかってるのでなるべく避ける)。言うなら,唯一ほど危ないものは無い,というところでしょうか;
  11. UTWなんかだと Related Posts のような機能を使えばラクチン;