1つ前の記事 — 投稿ボタンを叩く前に為すべき事拾壱個— を書いて読み直していたら思いだした事があったので記事にしてみます。

思いだした事

レベッカ=ブラッド / ウェブログ・ハンドブック—ブログの作成と運営に関する実践的なアドバイス
本の自体は少し古いものですけど(2003年初版),ブログをする上での心がけというか,姿勢というか,そういったものを読むにはいいかもしれません。書いてあるものは極々基本的なものな気はしますが手元において置くといいかもしれません。

内容は,日本で出版されているブログ本 –ほとんどが MT や ASP サービスなどのツールの使い方を紹介したりアフィリエイトで如何に稼ぐかを紹介する程度のもの— とは違い,オンラインでの生き方(誇張し過ぎ?)やブログの目的,無理の無いブログ運営,相手への尊重などとても実践的なものでした。下手なブログ本を読むよりよっぽど良いです。

良い肉屋が何故良い肉のみ仕入れ,そして売るのかという格言(?)を思いだしました。その心は,悪い肉が混ざったら最後,買い手から見限られるから。不祥事が相次ぐオフライン(リアル)でもそうですし,いわんやオンラインをや。

久しぶりに読み返そうと思います。