眠る前に読む短いエッセイ ペーター=バヘーア / 眠る前に読む短いエッセイ

読んだのはクーラーが適度に効いた真っ昼間の図書館であって,クーラーも無い熱帯夜の自室ではありませんでしたが,なかなか面白かったです。

確かにタイトルの通り,黙々と読む感じではなく,ベッドサイドにおいてサラッと読むのにちょうどいい文量だと思います。単なるエッセイというだけでなく,人生の指針というか,心構え的なものが多分に含まれるので眠りに落ちる時までに思考を巡らせるきっかけにもなると思います。

この本の中で気に入った分を引用してこの記事を綴じます。シチュエーションはとある高校の同窓会のような雰囲気。卒業してから20-30年は経つであろう感じ。その中の一人が

なあみんな,誰でも自分なりの生活のリズムを見つけなければ行かんのだ。そしてそれが見付かったら,それからはずっとそのリズムに従って生きていかなければな。それだけの事だ。