普段は Mac/PC に向かって作業するので,日記ライクなメモのようなものを紙とペンで取るようにしてます。ボールペンや鉛筆を使っていましたが,ここに来て何か他のいい書き味のものは無いかと思い文房具店を徘徊する日々。そこで万年筆,という非常に何というかじじむさく高い筆記用具があるという事が分かりまして,普段使い用に安いものは無いかなあと思う日々でした。

たまたまふらりと立ち寄った,オープンしたての大きめの文房具屋で筆記用具を物色していたところ,万年筆(を含めた高給筆記用具)コーナーが結構充実してまして,つい覗いてました。ふと後ろを見るとカウンターでお店のスタッフが万年筆の手入れをしているところを見つけたので,
“万年筆の手入れって大変そうですね“
と声をかけてみましたところ,
“いやあ,そうでもないですよ“との事。

会話のつかみは出来たと思い,
“紙で日記見たいなものを普段書くのに水性インクやゲルインキのボールペン使ってるんですけど,これからどういうのを買おうかちょっと迷ってるんです。普段気軽に使えるようなものっていうのはありますか?ボールペンや鉛筆以外で“
てな感じで絡んだら
“まずは万年筆がどんなものか試し書きをどうぞ“
といわれたので細字から中太くらいの物まで5,6本試しが期してました。ついには極細のペン先を持つ万年筆も為司が着させてもらいました。卸したての新品と1年使い込んだ万年筆の書き味の違いに驚きつつ,ついでに自分の筆圧があまり強くない事も再確認しつつ(“筆圧を余りかけないんですね“といわれた),気になっている Lamy の Safari シリーズを見せてもらい,ペン本体がマットなブラック/トランスルーセント/メタリックなブラックで悩み (他にも赤と黄色と青がありました),結局マットなブラック LAMY s2 Fountain pen を買いました。リフィルやインクの話も細かくされて,何かあったらいつでもと名刺を戴いたところ,系列店舗の店長さんでした。それは筆記用具の扱いには慣れてますよね….。

これからはノートと普段気軽に使える万年筆の生活が始まります。
以前よりもう少し,書く事が楽しくなりそうな気がします。

Lamy で買った物は
LAMY 万年筆 safari L17 ブラック (色:クロ 材質:レジン樹脂 ペン先:スチール 太さ:中字)