:: plasticdreams ::

Die Wahrheit ist eine Lüge; eine Lüge, sondern eine Wahrheit.

Tag

Apple

Apple Studio Display 17 inch CRT のトラブル

G4Cube + Stu­dio Dis­play CRT の17” 使ってるんだけど (ちなみに7年目),急にディスプレイの文字がにじみ始めた。ググったらCRTのフォーカス調整がズレてるらしい。サーバにしてるからDO-夢で中古のディスプレイを買おうかと思うんだけどいまいち踏ん切りがつかない…。あの美しい,工芸品的エンジンの中を見せてるようなモニタがあればそっちにしたいのだが…ないよなあ… 。 確かにデカイといえばデカイんですけど (大体G4Cubeの4倍の体積),それを補って余りは無いかもですけど,機械的な美しさがあるんです。後部のトランスルーセント部分から見える内部機構は,メカフェチな方にはたまらないと思います。 cf. Apple unveils new Macs Wed­nes­day, July 19, 2000 — このページの一番下にあるディスプレイを使用中。今回のトラブルが起こったのもこれ。

Mac を(買ったら|インストールしたら)最初に入れる10のアプリケーションとその他

UK氏が Mac­Book を買ったと言うことで自分の身の回りも見てみようと思って書く記事。 何があろうと最初に入れる10本 Cam­ino — Gecko エンジンを積んだ Cocoa ネイディブな美麗ブラウザ Skype — メッセンジャーソフト ClamXav — オープンソースなワクチンソフト Cur­at­or — 画像ビューアー(開発元は休止中だが入手は可能) mi — テキストエディタ Smul­tron — テキストエディタ StuffIt Expander — 伸張/解凍ソフト Clean­Archiver — 圧縮/冷凍ソフト(zipファイルメーカー) R-Name (作者のサイトが不明なので ver­sion­track­er のページへ) — リネームソフト(リネーマー) OnyX — 総合メンテナンスソフト

Say it with Champagne!

Send your own free iCard by vis­it­ing iCards © 2006 Apple Com­puter Inc. All Rights Reserved. A happy new year guys, keep it peace 😉

2006 Macworld Conference & Expo San Francisco

Mac Rumors の IRC と macweb­caster にずっといました。 えーと,要点としては intel チップの載った Macが出た。機種は Mac Book Pro と iMac iLifeがパワーアップした iWeb がついて .Mac へのサイト制作が楽になる システムは 10.4.4へアップデート iDVD は サードバーティ製のドライブでも DVD の作成ができるようになった こんな感じでしょうか。 でも Apple のこのページにはウケた。

iTMS comes to Japan!

iTun­es Music Store Google Niews 多分,日本中で Apple iTun­es Music Store を心待ちにしていた blog­ger 達がこの手の記事を書いているんでしょう。でも,ホント心待ちにしてました。1曲150 – 200円という金額設定になってましたが…日本の音楽ビジネス業界の事情を考えれば妥当といえば妥当な感じがします。アルバム一枚をCD屋さんで買う場合,2500 – 3000円前後。アルバム一枚今は10曲なので iTMS で同じ分を買う場合,1500 – 2000円前後で買えるという事。んー,安いですね。コレで邦楽にも手を出しやすくなった 🙂 大分前から国内版は高いと思って買わなかった人なので。 安く音楽買える以外にやっぱり注目すべきは Podcast。既に既存のラジオ局では CBS,InterFM,FM802,なんかが配信を始めてます。J-Wave もやらないかなぁと待ってるんですがその辺どうなんだろう。個人配信の Pod­cast はこれからしばらく色々ザッピングして追っかけていこうかなと思ってます。 @Nifty が提供する ポッドキャスティングジュース は結構面白そう。

衣替え

今までは厚いシリコンのプロテクタを身にまとっていた iPod,昨日透明なフィルム(シール)を買ったのでそれに着替えさせてみた。 …う,薄い。小さい。iPod(第3世代)ってこんなに小さかったのかー。これでポケットに入れてもそれほどポケットが膨らまずに聴ける。それに,専用ドックにもそのまま挿せる。クララが立った。クララが立った。 じゃなくて iPod が立った。iPod が立った。 って感じでした。 なんでシリコンのプロテクタを使ってたかというと,傷をつけたくなかったというのと,裏の金属面に指紋がつくのがイヤだったため。でもこのフィルムならイイ。液晶も保護してくれるし,裏の金属面もキレイなまま。iPod を直に触って使ってるって言う感覚を味わえていい。よし,しばらくこのままにしよう。

2005 WWDC Keynote Speach movie

Apple WWDC 2005 Key­note Adress(要 QuickTime)を観てます。先日のショックをもう一回追体験する気かと言われるかもしれませんが,動画で見たい,と言うこの妙な心情。 見終りました。約1時間。色々調べてみると Jobs 自身が Power­PC にあまりいい気持ちを持ってなかったという事が読み取れてきた。だから Intel かーというのも頷ける。IBM のロードマップがはっきりしないと言うのもあるんだろうし,IBM 側も Apple と手を切りたがってたんじゃないかと邪推したくなりますね。 結局今回の WWDC での発表は PPC から Intel プロセッサへの以降(2006年から順次移行し,完全移行は2007年); それに付随しての XCode のニューバージョンが出ます; OSX の次のメジャーバージョンはLeo­pord; iPod は相変らず MP3 プレイヤー市場のシェアをほとんど占めてます ってところでしょうか。 来年辺りからあのでかくてダサい CPU のヒートシンクが Mac に乗るのかと思うと今から憂鬱です。

蛻けの殻

もぬけのから ってこう書くんですね。今日の午前2時からの WWDC での Steve Jobs のキーノートスピーチを聞いてからと言うものすっかり脱力モードです。なんせ CPU を Power­PC から Intel プロセッサに切り替えると言うんですから。PowerPC が Apple,Mac の美学なんじゃないかなぁと思ってましたが,そうじゃなかったんですね。 Jobs は Power­PC のロードマップが見えない。だが,Intel はこれから先のロードマップが見えるとか言ってましたけど,単に IBM と手を切りたがってたんじゃないかなーと勘ぐってしまいます。もしくは IBM 側が Apple と手を切りたがっていたんじゃないかとか。でもって個人 PC 事業からは撤退してゲーム市場に CPU を送り込むのが計画なんじゃないかなと。 Intel inside な Mac が出た時,Macin­tosh はある意味終わるのかもしれないですね。

Macintosh, PowerPC から Intel プロセッサへ移行

IRC の mac­ru­mors チャンネルより Mud­bug: Today – time to begin 3rd trans­ition Mud­bug: con­stantly invent­ing best com­puters Mud­bug: move from Power­PC to Intel Pro­cessors Mud­bug: given to devs now for cus­tom­ers next year Mud­bug: Why another trans­ition? Mud­bug: want best com­puters… Con­tin­ue read­ing →

MacOSX Tiger

ついさっきふと大学生協に寄ってみたら見慣れぬ黒い物体が…。MacOSX Tiger アカデミック版が入ってた。あった━━━━(°∀°)━━━━ッ!! 絶対ここで買おう。14000円が8600円になるのはデカイ。 アカデミック版は通常 Apple Store for Edu­ca­tion 経由でしか買えません。つまりオンライン販売のみ。実店舗には卸さないはずなんですが,例外があるようです。

© 2017 :: plasticdreams :: — Powered by WordPress

Theme by Anders NorenUp ↑