:: plasticdreams ::

Die Wahrheit ist eine Lüge; eine Lüge, sondern eine Wahrheit.

Tag

l10n

このプラグイン,日本語化して! “ を募集

Word­Camp Tokyo 2008 でプラグインのローカライズをライブでやります。 Skype で駄弁ってふざけてネタ出ししていたらどこぞのおでさんに振られたのは秘密ですが…。兎も角,即興でプラグインの日本語化をする という事は決定済み。 普段私が取っている方法で日本語化していくつもりです。ですが,翻訳するプラグインが手許に無いのでここで募集をしてみます。コメントやトラックバックでどうぞ。あ,メールでもokです。

ドイツ語化

英語の画面を見飽きたという単純な理由でドイツ語化。テーマも i18n されているので大分楽ですしなによりも de-DE.mo を wp-inclues/language/ へ入れるだけで現地語化できるというのはとても楽だなあと今更ながらに思います。 プラグインによっては出力を書き換えないといけない場合もポツポツあるので,折りを見てボチボチやっていこうかと。流石に一気にファイルを書き換えるのはかなり寝不足になるので。 スクリーンショットは管理画面の Dash­board 。

Breadcrumb Navigation XT 日本語版

via Mtekks Crib » Bread­crumb Nav­ig­a­tion XT Kohak­uさんのリクエストにお応えして: Bread­crumb Nav­ig­a­tion XT 日本語版 訳が微妙過ぎるし,まだ使い込んでないのでとりあえず第1版という事でリリース。作者にローカライズに関して問い合わせたところ,2.0の正式版リリース (多分次のバージョン) では i18n するらしいとの事。テスターやローカライザ向けにベータ版のコピーを送るという事なので,是非送って欲しい旨を打診したところです。

Das Plugin Manie

Blue­Host への移転前の lol­i­pop では300個程のプラグインをフォルダに入れ,内110個程有効化していたプラグインマニアとしては,スペックの良いここ Blue­Host では専用の試用ページを設けようと企んでいました。念願かなってようやくこの間設置したのでお披露目をば: Plu­gin Manie

Dunstan-style Error Page ver. 1.3.1 日本語化

via わかりやすい404エラーページについて考えてみる いつの間に1.3.1がでてたのか気付かなかった Dun­stan-style Error Page。早速入れて,訳してみました。 lomo さんありがとうございます。カスタマイズされた lomo 版 Error Page もいいですねー。 使い方 ダウンロードして,解凍/伸張後,afdn_error_page.php とリネーム; /wp-content/plugin/ へアップロードして管理画面から有効にする; <?php afd­n_er­ror_page(); ?> とだけ入力したテキストファイルを作って 404.php と名前を付け保存; 使っているテーマフォルダへアップロード; 管理画面から有効にして; 終わり ダウンロード Dun­stan-style Error Page ver. 1.3.1 日本語版(UTF-8 ) 注意 UTF-8で書いてあるので UTF-8 以外の文字コードを使ってる方はテキストエディタで開いて,お使いの Word­Press… Con­tin­ue read­ing →

Comments Post Rewriter 2.0 pre1

via Word­Press Plu­gin – Com­ments Post Rewriter 変更履歴 v2.0-PRE1 l10nのサブシステムを導入 More lin­gual strings are now avail­able through the above WP func­tions CPRの重要度がまだ9だったのでそれを修正(今度こそ)。 JavaS­cript と WP のフックをベースにスクランブルをかけました。 独自関数 is_ping­back() を追加

Comments Post Rewriter 1.8

via WP Plu­gin: Com­ments Post Rewriter Word­Press Plu­gin – Com­ments Post Rewriter

Redirection 1.3

via Urb­anGir­aff » Redir­ec­tion チェックしてないうちにバージョンが上がって機能大分追加された模様。 オリジナルの機能は Par­man­ent Structrue を書き換えた時や Post Slug を書き換えた時など URI が変わった再に .htac­cess を使わずに,更新後の URI へリダイレクトさせるというもの。 追加機能は Search Regex と組み合わせたチェック機構; 既存の.htaccess からの redir­ect の読み込み; Redir­ec­tion で設定してある Redir­ect の書き出し & ダウンロード pot ファイルがついてたので i18n になった模様。そのうち l10n します。

ZenPress 1.1

Word­Press PlugsinsD­Bをみていたら来てました, Zen­Press の i18n 版。pot が同梱されているので早速訳し始めます。GPL なので Word­Press Plugins/JSeries へ完成したら投げます。作者が “次のバージョンではローカライズしやすいようにするよ“ と言っていたので i18n するのかなあとちょっと期待はしてたんですが,ホントにやるとは…。作者に感謝。

Referer

via Ref­er­er – Word­Press Plu­gin & 参照元の情報を表示するプラグイン あとは、誰か日本語化してくれた方が使いやすいかもしれませんけどね・・・。 という事で日本語化しました。tips とか解説は上記のサイト or 配布元のサイト でどうぞ。 日本語化ファイル: Refere-jp.zip(utf-8のみ) デモ: et cet­era

© 2017 :: plasticdreams :: — Powered by WordPress

Theme by Anders NorenUp ↑